ep6: Bag of Experts Architectures for Model Reuse in Conversational Language Understanding

第6回では,NAACL-HLT 2018より,Microsoftのスロットタギングの論文を紹介しました.

ep5: Analysing the potential of seq-to-seq models for incremental interpretation in task-oriented dialogue

第5回では,EMNLP2018から対話における非流暢性がSeq2Seqに及ぼす影響を調べた論文を紹介しました

ep4: CoQA: A Conversational Question Answering Challeng

第4回では,スタンフォード大から公開された対話的なQAのコーパスの論文を説明しました.

ep3: Large-Scale Multi-Domain Belief Tracking with Knowledge Sharing

第3回ではACL 2018からBelief Trackingに関する論文を説明しました.

ep2: Zero-Shot Dialog Generation With Cross-Domain Latent Actions

第2回ではSIGDIAL 2018でベストペーパーを獲得した,対話応答生成のモデルを説明しました.タスク指向型の対話における新しい応答生成モデルの提案になっていて面白いです.

ep1: Joint Learning of Domain Classification and Out-of-Domain Detection with Dynamic Class Weighting for Satisficing False Acceptance Rates.

第1回ではInterspeech 2018から対話システムにおけるドメイン選択,ドメイン外発話棄却をテーマにした論文を紹介します.