第10回では,対話応答生成モデルが,個性を反映した応答を生成出来ているかを,自動評価する手法を提案したモデルを解説しました.

関連リンク
- arXivNotes 138