第13回では,アテンションを使わず,エンコーダー・デコーダーを統合した,機械翻訳モデルの手法を解説しました.

関連リンク
- arXivNotes 148